FC2ブログ

ティアラはいつか縁を得る。

 06, 2020 10:00
皆様こんにちは!

今日は、長らくティアラを作ってきて気がついたことのひとつをチョット書いてみます。

どのティアラもいつかはどなたかが買って下さる。

これまで本当に沢山作ってきましたが、
レディメイドに関して言えば、
作ってすぐにお買いあげ頂くものもあれば、少しの間、あるいはしばらくの間うちにいたり、と様々な在留期間があります。
でも、それぞれのティアラがそれぞれの時に応じて縁を得て旅立っていくと感じます。


ネットショップを始めた頃、注文案内の内容やルールなどは
通常のネット通販サイトさんの慣例をまねて設定しました。
なにしろ、初めてでしたので一般的な普通の設定が確かだろうと思ったのです。

注文が確定した後はキャンセル不可
返品や交換にもこちらに瑕疵がある場合にOK とか。


でも、何年前からかは覚えていませんがそのルール、必要あるかな?と思い、方針を変えました。

注文後でもキャンセル可能、
お届け後でも未使用で破損等が無い限り返品可、
イメージが合わないとか、サイズ想定外、装着してみたら似合わない、などの理由でも可。
返品でも交換必須ではない〔返金可)、
などなど

ネットショップですからどうしてもある程度、写真と実物との違いはあるでしょう。
良い方であれば良いのですが悪い場合もあるでしょう。
これが第1。

次に、ネットショップを続けるうちに、
作ったティアラは最終的にはほとんどがいつかどなたかの目にとまりお買いあげいただけていることに気がついたこと。
そして、もし、返品が発生するならば、それはきっと縁が無かったのもあるだろう、と思ったこと。
(実際は幸いにして、今まではお届けしたものが返品になったことはないのですが。)

また、オーダーメイドの場合でも、色的にバリエーションがあったほうがお客様にとって良いと思えるときは、
2パターン〔2個)お作りして選んでいただくこともよくありますが、
不思議なことに余分に作った分も、ゆくゆくは気に入って下さる方が現れます。


こうした繰り返しを経ていると、
それぞれのティアラがそれぞれ固有に縁を待っている、
その縁に出会う時を待っているのだろう、と考えるようになりました。

一月半ほど前、アメリカのお客様が、作ってしばらくうちにいたあるティアラを買って下さって、
EMSではるばる海超えて行きましたが、
届いた後にとても喜んでいただいたコメントを頂き、
あのティアラがしばらく売れなかったのはこの縁を待っていたんだな、と強く感じたものです。


こういうのは、単なる思い込みに過ぎないかもしれない。
物の縁なんて、人と人とのの縁とは違う、とか。

ですがこういう考えもなかなかロマンがあっていいな、と思いませんか?



☆最新動画 初中級のかわいい冠



いつも読んでいただいてありがとうございます。^^
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?