ティアラ・オーダーメイドの例

皆様こんばんは。

3日続けて雨が続いている関東地方です。

さて今日は以前お作りしたオーダーメイドティアラのことを少し。

当然ですがオーダーメイドの場合はセミオーダーよりも
お客様からの要望がより具体的で細かくなります。

まず演目、
冠型、カチューシャ型あるいは混合型かといったティアラのタイプ、
形(デザイン)のイメージ、高さや幅、好みの石、石タイプ、
色、それぞれの色の分量などなどの要点を整理します。
お衣装が決まっていればお写真を送っていただきます。

以後、メールにてご提案=>ご確認を適宜に繰り返し、
決まった内容に沿って下のようなデザイン画をおつくりします。

この時は、赤の分量をどの程度にするかの違いで、
最終的に以下の二通りのデザインを描きました。

まず、オーロラの分量が多いバージョン
松tiara002


もう一方は赤の分量が多いバージョン
松tiara001

このケースの時はどちらがいいかなかなかまとまらず、
こちらからのご提案として、二つともを実際に作成してから、
完成品実物(写真)をご覧いただいて決めていただくことになりました。
(結果、赤の方の前飾りを多少変更し、めでたくお届けとなりました。)


mt0002.jpg

mt0001.jpg

珍しく、ひとつのオーダーメイドに対して2つのティアラを作成し、
うちのひとつ: 赤バージョン をお買い上いただいたわけですが、
でも、オーロラバージョンの方も、全然無駄にはなりません。

お客様の好みや用途は様々ですので、今回はご縁がなくても、
いずれどなたかほかの方にお気に入りいただけるものですので。^^

また、同じような完成品が手元にひとつ残るのもなかなかいいものです。



いつもおいで下さってありがとうございます!^^


にほんブログ村




スポンサーサイト

バレエティアラ ballet tiara バレエ バレエ衣装 セミオーダーティアラ フルオーダーバレエティアラ

2016 22

0 Comments

Leave a comment