ティアラマネキン補修おわり

皆さまこんにちは!

5月も最終日、紫陽花も咲き始めましたね。

さて、
先日来取り掛かったティアラ用マネキンの補修です。

肉付けした紙粘土が乾きましたので、
今日はサンドペーパーを使って仕上げます。

mane-ment01.jpg   mane-ment02.jpg
↑磨く前の正面と横顔


最初は粗めのペーパーで頭の丸さを意識しながら、
なでるように磨いていきます。
mane-ment03.jpg

眼のくぼみや口元は特に気をつけて小さいペーパーで慎重に。
(ペーパーの角のとんがりで簡単に傷ついてしまいます!)
mane-ment04.jpg  



mane-ment05.jpg  mane-ment06.jpg
↑片側を磨き終えました♪
どうでしょうか。


ということで、残った方も同様に磨いて行き最後に細かい目のペーパーで仕上げ、
丁寧に削りクズを掃って、完了です!
manement-end.jpg



さて、ここで、どんな風に変わったかを見るために、
このマネキンで早速初仕事をしてみました。

bat1602shomen.png
補修前
IMG_7578.jpg
補修後
bat1602nue.png
補修前
IMG_7579.jpg
補修後

特に正面顔の線が適度にふくよかになって、
綺麗な卵型顔になりました。




いつも応援いただきありがとうございます。

にほんブログ村


スポンサーサイト

バレエティアラ バレエ tiara ballet

2016 31

2 Comments

besuo  

そのアイデアと技術に、ただただ感嘆。。。(;´Д`)
発泡スチロールに紙粘土ってくっつくのかな?って思っていたけど、案外大丈夫なもんなんですね~☆

2016/06/01 (Wed) 06:54 | EDIT | REPLY |   

evlfew  

buseoさん、そんな大げさなもんではありませんです。
ハッポウスチロールに紙粘土はくっつきます!
でも、ある程度の量をつけないとサンドペーパーで仕上げる時に綺麗に成型できないの。
(あまり薄いと磨いてる時地が表れたり、削りたくないところがはがれてきたりします。<=失敗談)
それと粘土を軟らかくしたほうが付けやすいけど、その粘度もけっこうポイントかな。

小学校の工作みたいで楽しいよ♪

2016/06/01 (Wed) 13:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment