どちらかと言えば・・・

みなさまこんにちは。

西日本で大寒波。
やはり冬ですね。



この絵は以前描いたものを再度描き直したものです。

舞台での華やかな場面の絵を描くのも好きですが、
どちらかといえば、このような舞台袖、楽屋裏の光景が好みです。

バレエにかかわって以来、
舞台を鑑賞する側ではなく舞台裏にいる経験が
圧倒的に多い故かも知れません。

表に見える華やかな姿の後ろに、
そこへ来るまでにあった一人ひとりの思いや喜び、
涙、挫折、頑張りが見えるような場面を上手く描くことが出来たら、と思います。



リリーS

バックのユリは昨年、近所の集合住宅の花壇で、
見事に咲き誇っていたものを描いたものです。

手のひらほどもの大きさの素晴らしく綺麗なユリでした。




にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

いつも応援ぽち有難うございます


スポンサーサイト
2016 23

0 Comments

Leave a comment