FC2ブログ

脱線するの図

 24, 2013 16:47
みなさま今日は。

雨で外は涼しいのに蒸し暑さこの上ない私の仕事部屋です。




本日も写真とPhotoshopに集中してたのですが、
ちょいと一休み。

急に、帰郷以来気になっていた”おおかみうお”という魚の絵を描いてみました。


これは北の海の何とかという(もう忘れてしまっている!)
海底が見えるという施設にいた魚です。




外に水滴が付くほどに冷たい水槽で、
たいして動きもせず、2匹でなんとなくいい感じでいたのに、
いつの間にか大きな一匹が、こわ~い顔をして、
でんっと2匹の上にふんぞり返っていました。

3匹揃うとかなりの怖さです。

(もっとも、3匹の方は ”変なおばさん” と怒って見てたのかも・・・・)




この絵はFC2のお絵かきエディターというので描いてみたのですが、
不慣れのせいか筆があまりに制御不能で、
このようなかなり脱線した仕上がりに・・・

でも、そのせいで更に凄味が増している(?)気もします。





にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村
いつもポチ有難うございます。




スポンサーサイト



COMMENT 6

Yon  2013, 07. 24 [Wed] 17:48

前回の画を見て、「待ってました~!」とばかりにコメントを書こうとしたら…
あらま、こんな可愛らしい画もお描きになるとは、びっくりです。

ちょっと困ってる下の子たちがかわいい♪
絵本の挿絵みたいです。

Edit | Reply | 

besuo  2013, 07. 24 [Wed] 21:09

今日は体の言うままにマイペースに過ごして。
夜になって「お、evlfewさんの新着記事だ~♪」と見てみれば。。。(爆笑)
オオカミウオ、私もどこでだったか見たことありますが、魚にしておくには立派すぎるクチビル(?)と歯ですよね~。
こんな顔の人いる!と思ったことも。。(違)
なんにせよ、evlfewさんの作風の幅の広さに今回も脱帽です~~

Edit | Reply | 

evlfew  2013, 07. 25 [Thu] 00:11

Yonさん

Yonさんもbesuoさんも素敵なシルエット絵なのに、
”おおかみうお”ではお話になりませんね!
かわいい、というご感想、意外でした。

絵ですが、こんな絵も好きでよく描いてるんですよ。
特にユーモラスに描けると楽しくなります。
(残念ですが狙って描くとダメなんですよね!)

ほら、Yonさんのお人形もシルエット絵と全然違う個性の、いい味の可愛らしさですよね。
一人の中にいろいろな面が潜んでいるのですぞ。うぉほほほ

Edit | Reply | 

evlfew  2013, 07. 25 [Thu] 00:28

besuoさん

ゆっくりお休みで来て良かったです。

besuoさん、オオカミウオって暖かい海にもいるのですか?
あ、そうか、深海魚だから(深海はどこだって冷たいので)
ですよね。
それで、あのクチビルですよね。牙もすごい。

>魚にしておくには立派すぎるクチビル

って・・・その通りで笑ってしまいました。
さぞいっぱい餌を食べられるのでしょうね。

いえ、私はこんな顔の人には多分会ったことないと思います。

それにしても、深海魚というのは大抵恐ろしい姿か、この世のものとは思えない珍妙な姿、幽玄な姿をしている事が多いですよね。
あんな深い暗い場所だから、滅多に陽のあたる訳じゃなし、とああなったのでしょうか。
そうそう、あの例の・・ああ、思い出せない。
あの海の天使とかいわれている、
何とかオラとかいう名前の小さい小さい魚というか虫というか、もいました。
(全然ワカラナイデスヨネ。スミマセン)

Edit | Reply | 

besuo  2013, 07. 25 [Thu] 11:22

evlfewさん、それもしかしてクリオネ。。。orz
オしか同じじゃないっす(爆笑)
いやんもう早く生のevlfewさんにお会いしたい~~~(>▽<)♪

Edit | Reply | 

evlfew  2013, 07. 25 [Thu] 13:06

それです!

besuoさん、すごい!

それです!クリオネです。
ホントに、”オ”しか合ってない・・

なのにわかってしまうさすがのbesuoさん。
いやはや、びっくりの正解です。

この後、留辺蘂山の水族館というところにも行き、淡水魚だけの充実の水族館を観覧しましたよ。それで、水族館敷地に”世界最大のハト時計塔”というのもあって、兄が”面白いぞ”というのであの炎天下、時間になるまでじっと楽しみに待っていたのです。
すると、可愛い楽隊がでてきて演奏したのはいいのですが、そのあと上方から大きなハトがヌボーっとでてきた。
どんな展開が?と目を凝らしているとハトはうんもすんも言わず翼をガワワガワワと動かしただけで去って行きました。

”?なに、あれ・・”と聞く私に、
”ハトだべよ”と兄。

北海道のハト、やっぱり、ね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?