FC2ブログ

明日から3月

 28, 2013 11:14
みなさま今日は。


明日から弥生3月、
春がぐっと近づいてくる気がします。




タリスマンのスカート丈を決めて、
↓こうなりました。

KC4A0263.jpg

遠くから見ると、ウエストのサッシュ風の部分の区切りが
わかりにくいとのことで、ビーズ刺繍を少し追加しました。
(しかし、こうしてみるとあまり変化が無い気がします。)



スワニルダもサタネラも進んでいますが、
他の仕事にも手を取られていまひとつ足踏みです。


KC4A0247.jpg




さて、
↓は2週間ほど前に行ってきた、
ガラスの森美術館の入り口を飾るスワロトンネルです。

KC4A0194.jpg

びっしりのオーロラストラスが陽の光に反射して、
まぶしく輝いていました。
(このまずい写真ではちゃんとお見せできないのが残念です。)


館内のヴェネチアングラスの展示は
繊細なグラス、香水瓶、シャンデリアなどとても興味深い驚嘆の品々がありましたが、
鏡の縁を飾る額縁(?)も面白かったです。

アカンサスなどの植物の形も多く使われているのですが、
あいだ、あいだに人や天使の顔が付いている…

どんな人たちがこれらに身を映したのか・・と想像力をたくましくしました。

ヴェネチアンとあって、館ではカルナバルの仮面と衣装で
即席変身し出来るコーナーも有り、
若い人たちが変装して庭園を歩いていました。

しかし、衣装にもう少し豪華さがあってもいいのではないか…




現代のガラス工芸展示&お土産ショップも見ごたえがありましたよ。
お土産ショップと言ってもけっこう大きな建物でした。

残念ながらティアラはありませんでしたが、
カルナバルの仮面、アクセサリやチャームなどの小ぶりの品、大ぶりの置物などなど、
造形の様々なバリエーションと輝きの美しさに、
見惚れました。





登山電車にも乗ったし、山の上から芦の湖も見たし、
その他の見どころにも少し行き、
湯本に降りたら雪が降ってきました。

非常に寒かったのですが、
暖かい時にまた訪ねたいものです。



にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村
ぽち有難うございます。




スポンサーサイト



COMMENT 2

besuo  2013, 02. 28 [Thu] 19:09

No title

ガラスの森美術館!
近くに行ったら絶対に行くと思います!
ガラス大好き~(人^▽^)♪
広島に行った際も、家族をなんだかんだ言いくるめてガラスの里に引きずって行った私です(笑)
見るよりも体験が好き~
変身願望はバレエでもう満たされまくったので、もっぱら作る方です(バレバレか)
子ども達も体験が好きなので、後ろで「ワタシならこうするのに。。。」と悶々と思いながらガン見しています
精神的に悪い。早く一人前になって親は親でガッツリ体験したいわぁ~
個人的にはステンドグラスにチャレンジしてみたいです。。。
トンボ玉もいいな、
勿論お土産屋では子どもに負けずエキサイトしてました☆

ガラスの森美術館にはティアラのお土産はないのですね。
。。。売り込みに行こうかしらww

Edit | Reply | 

evlfew  2013, 02. 28 [Thu] 21:35

besuoさん

besuoさん、売り込みに行って下さい!


ガラスの美術館はけっこういろいろな観光地で見かけますね。
随分前に長野の白馬に行った時もありました。

箱根の方にも体験出来るところがありましたが、閉まっていたような・・・
besuoさん、体験で夢中になってる姿、すごく想像できてしまいました。
私の母はもう30年以上陶芸をやっていますので、私も家に帰った時は即席弟子入りして、ろくでもないカップなど作っています。
形作った粘土を焼く前にビー玉を一つ(底に)落として焼くと、ちょっと変わった綺麗なお皿やカップができるんですよ。


それから、箱根で別に驚いたことは、若い女性の観光客の多さです。
三々五々グループになってあっちにもこっちにも。
デフレの中ですが観光地が若い女性でにぎわうなんていいことだな、と思いました。

道中、どういうわけか、私は「写真撮って下さ~い」という依頼を3回も受けてしまいました。
学校の先生みたい、と言われることが多い印象の私、しっかりものに見えたのでしょうか???
中国か台湾かららしきカップルがとても好印象でした。
きっと、わりと静かだったので台湾の方かも知れません。(ははは)
素朴な感じのお幸せそうな二人でした。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?