FC2ブログ

ティアラにコームを付ける方法2つ

 07, 2020 23:49
皆様こんばんは!

週間天気予報を見て、連日の高温予測に少々おののいております。
が、
夏ですからね。
毎年のことだし、農作物生育にも必要。
ならばうまく元気にやり過ごすのが一番ですね!

さて、今回の動画は、タイトルの通り コームの付け方2通り です。



ワイヤで付ける方法(動画前半) と (針と)糸で付ける方法(後半)です。

まずコームサイズはティアラサイズにある程度影響を受けますが、
動画のサンプルでは、弧が22㎝カチューシャティアラに18本足コームを、
弧が14㎝のプチカチューシャティアラには10本足のコームを使っています。
コーム側の付ける部位はコーム端から数えて1~2本目の足間です。

コームの大きさは、殊に、後方に倒して高さを調整したり、
弧を狭めて頭サイズを小さくしたり、あるいは広げたり、のアレンジをしたい場合は、
あまり大きなサイズを使わない方が良いかもしれません。
むしろ中央コームひとつで不安な場合はサイドにも小さめのコームを付加する、
または、チュールを縫い付けておくなどの方が、使い勝手が良くなります。

もちろん、あるがままの形でOKなら、大きめコームでかっちり装着です。
大きめのコームなら、両端のほかに中央も本体とつないでおいた方がより安心できるでしょう。

コーム側は、足のどこに付けるかも適宜で考えますが、
特に冠型ティアラは径を広げる、狭めるの可能性が高いので、
動画のように、本体から少し(概ね5㎜~8㎜程度)離して付けておく、
+コームの端2~3足の間に付けるようにします。
こうしておくと径を変えた際にコームが本体に当って邪魔になることが少なくなります。 
また、径を広げる場合は大きなコームが至近でがっちり付いていると、
自由に広げることが出来なくなります。

装着時には、コームの上からへアピン数本でしっかりと押さえておくと、
滅多なことでは外れたりずれたりはしません。
それから、ティアラをはずすときは手前に真っ直ぐ引き抜くのではなく、
本体を持って上側に起こすようにしながら静かに抜きます。
このときに、ティアラと本体との間の離しておいた(概ね5㎜~8㎜程度)の隙間が、
うまく働いて比較的外しやすくなります。


動画でご紹介の方法はこれまで数多のコーム付けで自分なりにこうかなと思うに至った方法です。
もちろん、もっとベストな方法もあると思いますので、
(動画は)参考用にお使いいただければと思います。^^







いつもおいでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



WHAT'S NEW?