FC2ブログ
皆様こんばんは!(^^)/

本日は短くご案内だけです。

アクリルフラワーと白いパールビーズの冠ティアラ
Part 2 のご紹介です。
良かったらごらんになって、ぜひご利用下さい!m(_ _)m



連休のこりあと一日ですが良い休日を!!


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PCの能力の限界を知る

 22, 2020 01:52
皆様こんばんは!

もっと早く記事を書く予定がまたしても作業が遅れて、こんな夜中に書くハメになりました。
というのも原因は、
最近作った白パールとアクリルフラワーの冠ティアラの作り方動画です。

ytサムネイルheaddress01

実は、最初は2つに分けないで、一本でいこうと編集したのです。
結果、42分。
昨夜、エイヤっとエンコードを開始して就寝しました。

でも・・・(本当は)あまり信用していませんでした。
きっとどっかでフリーズするんじゃないか・・・・するに違いない!

でも(当たり前ですが)寝てる間は気づかず、
朝見たら、やっぱり! 
止まってる。どう見ても。
気配がない。

そんなわけで、やはり無謀だったか、、、と2つに分けるために再編集。
区切りを考えるとどうしても一本目が30分近くなってしまう。
できるだけのことをやって、再エンコードしました。

すると、98パーセントまでは上手くいっていたのです。
ノロノロながらも健気に進んで、あともう一息!
違うティアラを作りながら、PCに向かって

「もうちょっとだ~ガンバレ~~~!!」

と時々応援している馬鹿な図。

それでもなんか変。
1時間以上、ぴくりともしてなくないか?
どうみても動いている気配がないのです!
CPUのアクセスランプは思い出したように時々点滅して働いている振りだけ?

そこで、編集ソフトの起動状況を見てみたら、やっぱり動いていなかった。

そうか!
そうか!!
42分の動画が73%で限界だった。(つまり 30分強のところが限界)
それで、30分の動画もあと少しのところで息も絶え絶えで挫折したのか!
たぶん、きっと・・・
もっと早く気がついていればこんなに無駄な時間を使わずに済んだのに!
とほほほほ

と言うわけで、心を鬼にして再編集。
厳しめに、無くても大丈夫かなというところをカットし、早送りし、26分弱!

ずいぶんと無駄な時間を使った。
でも、おかげでこのPCで動画を作る際の限界がわかった。
これは良いことだった。

それにしても、ティアラ作るより動画作る方がう~~んと大変だということが身にしみる日々。
みなさん、どうぞ見てやってくださいね。




いつもおいでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

初級のカチューシャ作り方

 18, 2020 13:51
皆様こんにちは!

今日はお知らせだけになります。

初級の小さなカチューシャティアラの作り方動画をUPしました。


ytサムネイル初級 カチ01

ゆっくり解説で、一本でまとめました。
小さくて可愛らしいカチューシャティアラで、初めて作る人向きです。



いつもありがとうございます。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

つま先が痛すぎる ギリシャ足

 16, 2020 14:54
皆様こんにちは。

底辺を這うベストセラー(?)トウスペーサーは
足先の不揃いの指の差を調整します

必ずしも宣伝では無いのですが、
サイトのアクセス解析でいつも驚くのが、ティアラの次にアクセスが多いのが
ギリシャ足のことと、トウスペーサーを扱ったページです。
それで、困っている方の一助になれば、と書いています。

品物はこれ

greespacer02s.jpg

ティアラ屋がなぜこんなものを作っているのかというと、
市販品にないからなのですが、(調べた限りですが)
元はと言えば、身内がこれでほとほと困っていた(´;ω;`)事から考えついたものでした。

始めて作ったのが20年以上前なので
それからちびちびちびちび・・・何個作ったことか。

サイトでは当初紹介だけしていたのですが、
ちょくちょく問い合わせを頂くことから、モニター期間を経て、
3~4年前から販売しています。
数は多くないのですがコンスタントにご注文頂き、
使ってくださった方々からはほとんどご好評を頂いております。
足指の痛みの軽減にいくばくかお役に立ってると思うと嬉しくなります。

ギリシャ足というか足先はポアントの時、本当に痛いし思うように踊れない・辛い。
そんな方は是非試していただきたい。

ひとつひとつ手縫いで、クッションの厚さも個々人に合わせ、
クッションの構造も工夫して長持ちするように作っています。
先日のリピーター様はワンペアお求めになられて2年ほどお使いくださっていたとのこと!

IMG_20200211_164634.jpg


足を大切にして思う存分踊りましょう!!!




今日もおいでいただきありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツイッターで見かけて描いた

 15, 2020 12:25
みなさまこんにちは!

今日はバレエともティアラとも全く関係ない絵です。
ツイッターで、 みけにやんさんという方が、幼い頃住んでいた家の間取り図を描いていらして、
以前週刊誌に継続的に載っている「家の履歴書」という記事を好きで眺めていた私も
急に描きたくなって描いてみました。

この家は、うんと昔の若い頃にたまたまの機会があって2ヶ月ほど住んだ家です。

ロッカプリオアラの家M

場所はローマから25キロほど郊外の丘の上の小さな街、Rocca Priora の、
麓、徒歩で10分程丘を下ったところにありました。

Rocca_Priora_Img_071.jpg

ここで、小さな男の子4人の子守と家事手伝いをしていたのです。
そもそも、英語を勉強したくてロンドンに行ったのに、なぜかここに行くことになった、という事なのですが、
いろいろなエピソードはまた機会があれば・・・・


家というのは様々な思い出を思い起こさせてくれるものですね。
また、(私の場合)間取り図はものすごく想像力をかき立ててくれます。

描いているうちにそこにいたときの愉快な話、失敗談、珍事件などなどを思い出し、
同時に、平和だった時代を懐かしみました。





★ カチューシャ型ティアラの作り方1をYoutubeチャンネルにUPしました。
   ちょっと面白い飾りの作り方を使っていますが、それ以外は見た目より簡単なので、
   お好きな方は是非作ってみて下さい!!




いつもありがとうございます。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


小さな冠ティアラ展開図

 11, 2020 14:28
皆様今日は!

建国記念の日 (紀元節) ですね。
とても良いお天気です。

でも引き続き、インフル、コロナにどうぞお気を付け下さいませ。


ティアラの作り方動画をつくり始めて一作目に公開し、以来、一番ご視聴いただいている 
小さな冠ティアラ の展開図が出来ました。
ティアラサイトで扱い中です。)

展開図作成で一番ポイントは、ビーズ同士の相対的サイズの正しさ。
それから、全体&細部の形。
(要は、結果的には全部!笑)

恐らく、今使ってるアプリのグレードアップ版や使ったことのない様々な描画アプリだともっと簡単にできるのかも・・・
いくら自分が、根っからのアナログ人間 + 地道な作業向き でも、
もう少し選択肢を考えてみようか、、と思うこの頃です。

 小冠ティアラ中級展開図作る

以前、壁に打ち込まれた釘(一本だけ)に絵を掛けるという作業を見ていて気がついたことがあります。

ちょっと斜めかな?右さがってる?え?左? とそれぞれが言う中、
結局、個展を開いた本人の感覚が一番正しかった。
次々と、ほぼほぼ一発できっちり水平に掛けていきました。

得意というのはこういうことなんだな、と見ていました。

こういうときは、自分が  という成果物しか見る機会がない観覧者ではあっても、
その人が積み重ねてきた絵のいろいろなレッスン量が垣間見えるように思えました。

ちょうど、
ダンサーの一つの踊りの向こうに幾千時間ものレッスンがあるのと同じですね。
ティアラ作りもそうして作っていきたいと思います。



いつもありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


皆様こんにちは!^^

今日はいきなり本題。

今年の一月からYoutubeチャンネルでティアラの作り方動画の公開を始めたのは以前にご案内のとおりなのですが、今日は、その範囲を中級までにしている理由とティアラ作家になることついて少しお話しさせて下さい。

バレエ関連の物作りの仕事を始めて25年以上が経ち、ティアラのネットショップを立ち上げて14年目になりますが、この長い期間にはバレエ全般に関しても想像し得なかったいろいろな変化がありました。
それら変化のうちには、私自身の仕事に関する事柄=何かを自分で作るというDIY文化が、
より一層盛んになったことも含まれると思います。

ネットの発達で素材入手が簡単になり選択肢が増え、グローバル化で単価が下がりetcと、作りたい人にとってとても良い環境になったと言えると感じます。(グローバル化の欠点はここではテーマ外なので言及しません。)
 
このような環境下、様々な動機でティアラを作りたい人に参考にしてほしいと思って動画を作っています。
今まで自分が培ってきたものを動画にして公開し、沢山の方に役立てていただくことできたら、
その行為と結果が正解であれば、ゆくゆくは自らにも還ってくることがあるかもしれないと思う邪なものも+の現在です。
私は若くてピチピチしているわけではないし、今は、目も手も機能的にまだまだ大丈夫でも
先がそんなにとんでもなく長いわけでは無いと思うので、
今のうちに動画やレシピにして残しておきたいと言う気持ちもあります。


さて、ではまず、なぜ中級までなのだ?という点についてです。
動画をご覧頂いている皆様のうち、恐らく多くの方々はティアラ作家までにはなろうとはされていないことでしょう。

大仰で豪華なものでなくちょっとしたかわいいティアラ、
手軽に取りかかれて頑張ればなんとか完成できるもの、
数が必要でコストにも合わせて作りたいティアラ、
趣味の延長で、等々

そのような目的のためにガイドになる動画ならば実際の役に立つのではないか。
前段で 大層に 今まで自分が培ってきたもの とは書きましたが、中級くらいまでならば、
極論すれば少し頑張ったら誰にでも出来ます。

一方、もっと難しい段階の豪華なティアラの作り方動画は作りません。
ここからは別のものというか別段階だと思うからです。
それに、もし作っても恐らく作って下さる方は限りなく少ないだろうし、
そのレベルのティアラは作る工程が多すぎるので単なるMaking動画なら可能ですが、
作り方動画にすることはまた別で困難が多々ありとも言えます。
(偉ぶって、馬鹿にしているように聞こえるかもしれませんが決してそんなことはありません。)
そのように思い、中級までの公開と決めました。


さて、なぜ別の物・別段階なのかは以下のように考えるからです。

それ以上やりたい人、ティアラ作家になりたい、と思った人は?
大丈夫!

そういう人はほとんど必ずそうなります。
動画があろうがなかろうが、教わっても教わらなくても。

私に関して言えば、作り方を習ったことは一度もなく、
ただ、たまたま目にした他の方が作ったティアラを一瞬見たとき、作ると決めました。

ですから、もしも(私の動画がきっかけであれなんであれ)絶対ティアラ作家になりたいと思う方は、
まずはバレエの知識も含めて作り方の基礎をちゃんと身につけるだけでいい。
資格も要らないでしょう。

なぜなら、そこから必要なのは必ずしも上級のテクニック・ノウハウではなく、
むしろ必須なのは、そこへ行こうとする熱意や探究心、工夫や忍耐力、そしてセンスと個性です。

これらのこと、特に後半の2つは他人から学ぶことは出来ません。
どんな世界でも、他より上に行きたいならば他より頑張らねばなりませんし、
向いている人はそれが出来る、続けていけるのです。


小難しいこと言っても、特に古典バレエのティアラはそれほどの逸脱が許される訳ではなく、
形や色や素材等々に膨大なバリエーションが有るわけではないのですが、
それでも、
ティアラ作家になるならティアラは作家の個性やセンスを反映したものであるべきと思う次第です。
もし、どこかに有るとおりのティアラを同じように作るだけなら貴方という 作家 でなくてもいいのですから。


動画チャンネルを始めるに当たって、昨年後半から作り手仲間&よき相談相手&良きライバルの
愛媛に住む Estherさんとあーだこーだと何度も話していました。
いや、どちらかといえば、時に私の独演会になるような場面も多く、また、いまとなれば、結果的に Estherさんを動画仲間に引きずり込んでしまった感で、懲りずにお付き合いしてくれるEstherさんに改めて感謝!なのですが、
動画作り開始のいくつかの動機の中のささやかな我々の望み、
「結果としていろいろある中で、バレエに何かちびっとだけど貢献できることもしたいね。」は、
財も力もとーんと縁の無い我々には遠い夢ではあっても、とにかく始めて見よう、と意見一致。


そして、始めてみて、それまでは気づかなかったことをいくつか感じています。

(これは、もともともの作りが好きだから当たり前なのですが)
動画作りがとても楽しいということ。
沢山の人がアクセスして下さることが嬉しい、ということ。

前述した「ゆくゆくは自らにも還ってくることがあるかもしれない」
なんてまったく当ても何もほど遠いのにたいした気にもならず。
(世の中きれい事だけでは済まないので、それでいいんかいっ!? とも思うのですが・・・ともあれ)

そこで、改めて思うに、自分なりに四苦八苦はあれども曲がりなりにも動画を作って公開できたことは、
そもそも、沢山の人たちの情報をほぼほぼ無償で得ることができたから可能だったことに気がつきました。
貴重な情報、たぶんその方たちは時間も知恵もお金も使って苦労して得たに違いないのに、
私は何の対価も払わずに文字情報や動画を通じて、まるで当たり前のようにガイドしてもらえたと言える事実。

だから、自分ももしかしたらちょっとばかりそういう類いのことを始められたのだろうか・・、
そうなってほしい。
だから動画作りが楽しく、視聴してもらえるのが嬉しいと感じるのだろうな、と思います。

ちなみに、Estherさんは「物作りの楽しさを知って欲しい」という主旨で動画を作っています。
短いけれど、ああ・こんなふうに作っていくのか、、、ととても興味深いチャンネルです。
不思議なことに!そこにはなぜかペットの鳥チャンの動画もあったりして(笑)
(★我々は良い仲間ですが、宣伝し合ってマッチポンプしてるわけじゃ有りません(^_^)/)




これからも時間を作ってなるべく役立ちそうな動画をせっせと作っていきたいと思います。
よかったらどうぞご利用下さい。
完成したら教えて下さい! 
だめ出しもOK!
そして、応援していただけると更にうんと励みになります。(^_^)/




いつもおいでいただきありがとうございます。(^^♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

やはり展開図を描きました。

 06, 2020 19:36
皆様こんにちは。

今週後半は寒い日が続くようです。
ご自愛ください。

さて、動画サイトの方、
沢山の方に視聴いただいていてとても嬉しく励みになっています。
どうもありがとうございます。

今日は、(同じティアラで3つも続けて記事を書くのは申し訳ない気持ちながら)
先日公開した フェアリーティアラ の展開図を描きましたのでお知らせいたします。

実は、「動画は展開図要らないのでラクチンラクチン♪」
と思っていたのですが、
「いや、、待てよ・・・・」

自分は古い人間なので、どうしても手元に ”展開図” が欲しいと思うタイプ。
特に。初めてティアラを作る方には動画と展開図と両方有った方がうんといいよな・・

というのも、動画のアナリティクスを見ると、
全体的に動画を、都度都度は短い時間ながら継続的に視聴いただいている。
時間帯的にも、昼間や夕食後のちょっとした空き時間に
こつこつと作って下さってる方が沢山いらっしゃる様子が見て取れる、気がする。

ということで、まずはフェアリーティアラの物を作ってみました。
(すみません。こちらは高くはありませんが有料になります。
 ご入り用の方は是非ティアラサイトからお求めくださいませ。(宣伝です!))

フェアリーティアラマニュアル商品写真

PDF版と印刷(郵送)版の2種類です。


そこで、展開図に関して今回は、「おまえは何をやっていたんだ?!
というお話しをひとつ。

いつも展開図は Photoshop で描くのですが、悩みの最大の種は
展開図を作っていくしんどさ、ではなく、
Photoshop画像と文章などをWordで編集して最終的にPDFにしたときに、
写真や展開図画像の質が甚だしく劣化してしまう事でした。
せっかく高解像度で描いても編集=>PDF の結果 ぼや~っとしてしまう。
どうにかならんものか・・・
考えた&検索下手なのにせっせと調べた。
はかばかしい答え見つからず。

/(^_^)/そうだ!全部Photoshop上で高解像度で作っちゃえばいいんだ!と気づく!(遅い!

とうことで、説明文も図も込み込みで、フェアリーティアラ用に3枚!描きました。
モチーフごとと全体と5枚の展開図+ポイント解説+レシピ 
それぞれPDF保存して、印刷してみました。
おおお~~~~~(今までより、うんとクリアだ!!!)
よし、これで行こう!
ほんとに・・・何で早く気がつかない!?

つぎに、この3枚のPDFを連結して一部(ひとつ)のPDFにする。
しかし、調べてみると私の使っているPhotoshopでは機能的にできない事がわかりました。
よって、アプリを探すと、いろいろある中でフリーソフトを発見!
PDFにしてから編集するわけではなく、
複数のPDF連結だけをしたいので高価なアプリは必要がないこともわかりました。

そんなこんなの3日間を過ごし、出来上った展開図ににんまりとしているところです。
公開中の動画のこのほかのティアラの展開図も随時作っていこうと思っています。(^_^)/




いつもおいでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村




皆様こんばんは。^^

本日もお知らせだけの更新になります。
編集ソフトのスト!で予定より遅くなりました。

フェアリーティアラ01-Part2

スクリーンショット (27)

中級向けですが、このティアラはモチーフというか作業工程が5つに分かれています。
デザインは、妖精やリラの精などのイメージ。

それから、いくつか動画を見て下さった方はお気づきかもしれませんが、
カメラのセット位置を変えてみました。

これまでは、撮りながらモニターを確認する->横目であっち向いたり、手元に向いたり、
まるで、何かを探すニワトリのよう、、

このままでは 目がおかしくなるかも!と思い机上方の棚にくくりつけてみました。^^
すると、モニター確認で今度は上目遣い
そうこうするうちに手が撮影範囲から外れる!!

撮った物を見てみると、何カ所かで
下の方で時々手、ティアラ、ペンチなどがちらっと写るのみで、ほぼ静止画
何をやってるんだか全然わからん=>撮り直し

う~~~む、動画作りもなかなか大変じゃ




いつもおいでいただきありがとうございます。(^^♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村








WHAT'S NEW?